沖縄のダイビングは【Relax Dive シープレイス】 沖縄のダイビングは【Relax Dive シープレイス】 TOPシープレイスの紹介メニューと料金ポイントマップ予約申込み

ポイントマップ沖縄本島慶良間諸島

ポイントマップ
    
沖縄本島
ポイント名 レベル 水深 ビーチ
崎本部 初級 〜15M
「ゴリラチョップ」と呼ばれる本部にある北風に強いポイントです。那覇からは遠いですが西海岸が荒れた日は沖縄中のお店が集まります。 流れの無い穏やかなポイントです。水深も比較的浅く、白い砂地がとても綺麗なのでリラックスして潜れる癒し系ポイントです。 水深10mから[ガーデンイール」、「ヤシャハゼ」、「ヒレナガネジリンボウ」などが見られます。
ポイント名 レベル 水深 ボート
ドリームホール 初級 〜45M
本島屈指の地形ポイントです。水深5Mから25Mまでの縦穴を注意深く降りると広い空洞あり、上方からスポットライトの様な光のシャワーが射し込んでとてもキレイです。内部には「イセエビ」「アカマツカサ」などがたくさん群れて、光る貝で有名な「ウコンハネガイ」もピカピカ光ってます。横穴から見える外洋は幻想的なブルー!一度体験して欲しいです。別名「ピカチュー穴」とも呼ばれています。
ポイント名 レベル 水深 ボート
万座毛下 初級 〜50M
観光名所「万座毛」の真下にあるポイントです。沖に水深50Mの底から突き出た根が数個あり、そこをスカイダイビングをするように飛び移りながら各根をグルリと順番に回って戻ってきます。「クマノミ」が非常に多く観察できます。カップルの「カエルアンコウ」が名物になっており、カメラを楽しむダイバーにはほとんど流れもないので非常に寛げるポイントになります。
ポイント名 レベル 水深 ビーチORボート
ホーシュー 中級 〜50M
在日アメリカ軍のダイバーがつけたポイントネームで、馬の蹄 「ホースシューズ」 の形に似てる大きな岩がある事からこの名前がついたポイントです。急なドロップオフを下っていくとクレバスがあり、突き当りには上下に穴があり、穴の中には夜行性の魚達が身を隠してじっとしています。全体的に魚影が濃く、中でもアイドル「ヘルフリッチ」「アケボノハゼ」が大人気です。
ポイント名 レベル 水深 ビーチORボート
恩納ポイント 初級 〜30M
ビーチからでもエントリー可能で沖にはいくつものクレバスが伸び、間の白い砂地が続きとてもキレイで癒し系ダイビングに向いています。壁の間には時々「イセエビ」や車エビなど甲殻類がよくいる事でも有名で昼間でもライトは必ず携帯して行くとよいでしょう。また、タイミングが合えばタイワンカマスの群れに遭遇し砂地にはガーデンイールを見る事が出来ます。
ポイント名 レベル 水深 ビーチ
レッドビーチ 初級 〜20M
沖縄の東海岸にあるため、西海岸が荒れた場合など少し遠出でのんびりじっくり潜り込むのに適したポイントになります。透明度は今一よくないですがウミウシの種類が豊富でハゼの種類も多く「ミミックオクトパス」など珍しい生き物にも会えるビックリ要素はまだまだあります。
ポイント名 レベル 水深 ボート
アポガマ 初級 〜18M
ここには大きな洞窟(沖縄ではガマと言います)があり、ここでよく地元の人たちが約束(アポ)をして会っていたらしくそれが「アポガマ」と言われる由来だそうです。その真正面にあるポイントなのでその名をとってアポガマと言うそうです。 ここはビーチからでもエントリーが可能で、リーフエッジのすぐ先から30Mまで落ちているドロップオフがあり、そこにはイソバナやウミウチワが群生しています。
ポイント名 レベル 水深 ボート
山田 初級 〜25M
ボートで港から5分でエントリー出来るポイントです。現在日本で確認されているクマノミ6種類「クマノミ」「ハマクマノミ」「カクレクマノミ」「セジロクマノミ」「ハナビラクマノミ」「トウアカクマノミ」全てを見ることが出来ます。それ以外にも「ハダカハオコゼ」「ニシキフウライウオ」などマクロが豊富でカメラ派は1ダイブではとても回りきれない奥深さと楽しさがあります。
ポイント名 レベル 水深 ボート
もぐりん 初級 〜18M
「もぐりん」は真栄田岬のすぐ隣にあるポイントで、その昔、観光用潜水艦が沈めれらていましたが現在はすべて撤去されています。
水中には、「ツバメウオ」群れが居ついてます。多いときは50匹以上も見られることがあり、フォト派のダイバーには人気です。穏やか海のため体験ダイバーや講習後のファンダイビングで使われる事が多いです。
ポイント名 レベル 水深 ビーチORボート
青の洞窟 初級 〜8M
沖縄で最も盛んに潜られている真栄田岬のポイントです。ビーチエントリーも可能ですが、少し距離が長いため通常はボートでのエントリーになります。洞窟内部から見える入口付近の光景はとても幻想的で、晴れの日には光のシャワーが射し込みます。奥まで辿り着くころには水深は2Mぐらいになり1度水面に顔を出し、水面を振り返れば正に「青の洞窟」にふさわしい青い海が体験出来ます。
ポイント名 レベル 水深 ビーチORボート
真栄田岬 初級 〜40M
沖縄でマリンスポーツと言えばここです。ダイビングと並びシュノーケリングも盛んに行われています。ダイビングでは主に3つのエリアがあるのですが、中でも大人気なのが「青の洞窟」の洞窟潜りコースです。また「もぐりん」では「ツバメウオ」の群れが見応え充分です。「ツバメの根」はツバメウオはいなくなりましたが、深場には「ジョーフィッシュ」「ヒレナガネジリンボウ」「ヤシャハゼ」「ホタテツノハゼ」などマクロ派にお薦めです。
ポイント名 レベル 水深 ビーチORボート
残波岬 上級 〜45M
観光地で有名な「残波岬」の灯台下にあるポイントです。ダイナミックな地形が特徴で〜40Mまで一気に落ちるドロップオフは本島一かもしれません。ドロップオフ沿いにはイソバナが多数点在し「ピグミーシーホース」がよく見られます。また、稀に巨大「ナポレオンフィッシュ」も登場し自分自身驚いてしまう事もあります。上級者必見のポイントです。
ポイント名 レベル 水深 ビーチORボート
砂辺 初級 〜25M
「真栄田岬」と並んで本島を代表するポイントです。ビーチでのエントリーがメインで講習、体験ダイビングなどもさかんに行われています。このポイントの最大の特徴は、色とりどりのカラフルなソフトコーラルが岩一面を覆って、まるでお花畑の様にキレイに咲き乱れている所です。ビーチエントリーの気軽さでリピーターが多いポイントです。
ポイント名 レベル 水深 ビーチ
砂辺ナイトダイビング 初級 〜20M
「砂辺」ビーチのサンセットダイビングです。少し遅い時間のエントリーで昼間のエントリーの時と違い、海の色が時間とともに変わります。魚達も食事の時間とゆう事もあり、せわしく動き回るのも昼間のエントリーとは違う部分です。また、エキジットした時の星空と夜景は思わず見とれてしまう程絶景です。水面から空を見上げて見ましょう。
ポイント名 レベル 水深 ボート
伊江島オホバNO1 中級 〜30M
沖縄本島北部の離島、伊江島を代表するポイントです。一面サンゴのリーフから、水深30メートルまで落ち込むダイナミックなドロップオフが見所です。
壁沿いには「イソマグロや「ツムブリ」などの回遊魚に遭遇できます。
大きな縦穴横と穴がつながったトンネルもあり、何度でも潜りたくなるポイントです。
ポイント名 レベル 水深 ボート
伊江島オホバNO2大洞窟 中級 〜40M
伊江島北部の(オホバNO1)の東側のポイント。ドロップオフを下ると水深15メートル位に大きな洞窟があります。洞窟の中には、「アカマツカサ」や「リュウキュウハタンポ」が群れており、「シモフリタナバタウオ」など珍しい生物も見られます。
穴の中は砂が堆積しているので巻き上げ注意!!ボトムは水深50メートルに達するので上級者ならではの楽しみ方があります。
ポイント名 レベル 水深 ボート
伊江島カナン崎ドーム 初級 〜30M
伊江島を代表するポイントの一つです。水深30メートル地点に構える巨大なドームが迫力満点です。トンネルの中には、「ウミガメ」や「ネムリブカ」が寝ている事も…。ドームの中には、大小5つの穴が点在しており上部の穴からの光は、まるでロタホールを思わせます。またの名を「のどちんこホール」とも言われてます。ミステリアス度NO1のポイントです。
ポイント名 レベル 水深 ボート
伊江島オーロラ 中級 〜35M
オーロラのように湾曲したドロップオフがネーミングです。太陽が1番高い時にドロップオフの下から見上げる景色は、まるで南極の天空にきらめく光のカーテンそのものです。時には、「イソマグロ」や「ロウニンアジ」など回遊魚も現れます。
リーフの上では、「キンギョハナダイ」「ハナゴイ」「美しい地形を堪能したいダイバーには、お薦めのポイントです。
ポイント名 レベル 水深 ボート
水納島灯台下 初級 〜25M
本島北部の離島ポイント。外洋に浮かぶ三日月形の小さな島が水納島です。真っ白に広がる砂地は本当にきれいです。透明度は、本島一位・二位を争うポイントです。「ガーデンイール」がこれでもかというぐらい生息してます。沖のにポツンと点在するサンゴには、「ナンヨウハギ」の赤ちゃんが見られます。思いっきり癒されたいダイバーお薦めです。
ポイント名 レベル 水深 ボート
水納島ポートサイド 初級 〜15M
水納島の港から5分と近いポイントですが、水深10メートルの浅場には、「ガーデンイール」、「ヤシャハゼ」、「ヒレナガネジリンボウ」が大量に生息しています。点在すサンゴの根には、ドクウツボをクリーニングする「ホワイトソックス」や「ハナヒゲウツボ」などレアな生き物にも出会えます。マクロダイバー必見、ついついロングダイブになってしまいます。
ポイント名 レベル 水深 ボート
水納島ノースリーフ 初級 〜20M
絶対的な珊瑚を誇るポイントです。水納島の珊瑚達は元気いっぱいです。慶良間を超える勢いがあります。オーバーハングの根には、「キンギョハナダイ」や「キホシスズメダイ」が大量に群れています。潮通しが良いので、「グルクン」を追いかける「ツムブリ」の群れなども見応えがあります。カメの生息域でもあり大自然の力に圧倒されます。
ポイント名 レベル 水深 ボート
瀬底島パンプキン 初級 〜20M
巨大なカボチャを思わせる「コモンシロサンゴ」が転がっているポイントです。珊瑚は、絶好の魚たちの住み家になっており「ハナゴイ」が賑やかに乱舞しています。岩陰にはカメが寝ていることが多いです。沖のオーバーハングには「スミレナガハナダイ」が見られます。魚達が賑やかに生息しているのでフィッシュウォチングには、お薦めです。
ポイント名 レベル 水深 ボート
瀬底島ラビリンス 初級 〜30M
本島北部瀬底島を代表するポイントの一つです。壁沿いに広がるクレバスと大きな洞窟が点在してます。大小さまざまな入口があり、一度中に入ると迷路のように入り乱れており、少し不安になりますが天井から降り注ぐ光が恐怖を忘れさせてくれます。穴の奥は、浅い広場になっており、ガレ石をめくると「キンチャクガニ」が見つかる事も・・・
ポイント名 レベル 水深 ビーチ
瀬底島トウアカ 初級 〜15M
瀬底島東側のポイントです。島影が風を遮ってくれるので、常に穏やかです。砂地には、ガイドロープが引かれておりロープを辿れば「トウアカクマノミ」の生息するイソギンチャクに出会えます。一家で生息するクマノミが見られるのは、このポイントだけです。わかりやすいポイントなのでナチュラルナビゲーションの練習に適しています。
ポイント名 レベル 水深 ビーチ
恩納村前兼久港 強敵 ???
皆さんこんにちは! いつもここからみんな船に乗ってダイビングに出かけてるよ。僕達のお友達の嶋さんが運転して行くんだよ。万座毛方面と真栄田岬周辺に行くんだって、僕達はここでみんなをお出迎えするんだ。僕の名前は「ちび」ママの名前は「はな」って言うの、でもパパには会った事がないんだ。休息時間は僕達と遊んで癒されてください〜!! イタズラ大好きな僕達だけど会いに来てください〜。
慶良間諸島
ポイント名 レベル 水深 ボート
黒島ツインロック 中級 〜40M
黒島の北側にある離れ根。常に流れがありドリフトダイビングが中心。ダイナミックな地形が特徴でドロップオフも豪快。時にはマンタなど、大物に会えることもあります。「キンギョハナダイ」「ハナゴイ」の群れが見応えがあり、「グルクン」、特に「イソマグロ」の群れは圧巻です。深場にも見事なサンゴ群にたくさんの魚が群れています。
ポイント名 レベル 水深 ボート
黒島南 初級 〜35M
慶良間でも「マンタ」の遭遇率NO,1です。浅場から魚影も濃く、何本ものクレバスが走り、地形沿いに回ってくるだけでも十分なポイントです。また、深場には多少流れはありますが巨大「イソバナ」が点在し、ピンクのソフトコーラルなども見応え十分です。浅い岩場には「モンツキカエルウオ」などの人気者も見つけることができます。
ポイント名 レベル 水深 ボート
儀志布 初級 〜30M
儀志布島と渡嘉敷島に挟まれた湾内は「アオウミガメ」や「タイマイ」の寝床になるサンゴがたくさんあるため、カメ遭遇率は非常に高いです。。美しい白い砂地のポイントや、見事なサンゴ群と魚の多さに感激するポイントもあります。ボートのアンカリングの位置次第で楽しみ方が変わります。基本的に流れは無く、のんびり、まったりとウミガメを探すダイビングが最高です。
ポイント名 レベル 水深 ボート
アリガーケーブル 初級 〜28M
渡嘉敷島西側のポイント穏やかな入り江に面していますが、エントリーして水深5Mでみごとなサンゴ礁が広がっています。そこで50分遊べるのですが、沖の砂地には「ガーデンイール」、沖の根には「キンメモドキ」や「スカシテンジクダイ」の群れが。巨大な壁には巨大な「イソバナ」が。とにかく楽しみ方は様々ですが何回も潜ることをお薦めします。
ポイント名 レベル 水深 ボート
アリガー南 初級 〜25M
渡嘉敷島西側アリガーケーブルの隣のポイントで、砂地と根の構成が面白く小物を探しながらカメラ派ダイバーには十二分に応えるでしょう。初級のドリフトダイビングも可能でいい練習になります。「イソバナ」や「ウミウチワ」などサンゴが美しく元気でとてもキレイです。「ウミガメ」との遭遇率も高めなのでワイド的視点も鍛えてみてください。
ポイント名 レベル 水深 ボート
唐馬 初級 〜25M
座間味島湾内の穏やかなポイントです。ほとんど波がたたないので、ダイビング後そのままランチタイムに突入することが多いです。基本的に白い砂地がキレイで「エダサンゴ」についてる「デバスズメダイ」のブルーがそれを引き立てます。「ウミテング」、「ガーデンイール」、「カクレクマノミ」、「ハダカハオコゼ」といった人気者もたくさん見られる癒し系ポイントです。
ポイント名 レベル 水深 ボート
タマナーファーム 初級 〜25M
儀志布島と渡嘉敷島の間のポイントです。ビギナー向けの穏やかなポイントですが、非常に見応えのあるのは「リュウキュウキッカサンゴ」というキャベツのようなサンゴの群生です。魚影も濃くサンゴもキレイなので、フィッシュウォチング派のダイバーにはお薦めです。ウミガメとの遭遇率も非常に高いです。のんびり探しながらのダイビングがお薦めです。
ポイント名 レベル 水深 ボート
サントラ 初級 〜25M
渡嘉敷島の入り江にある穏やかなこのポイントは砂地に根が並ぶオーソドックスなポイントで講習なども行われます。根にはサンゴが群を形成してます。特に大物は期待できませんが、のんびりと砂地を眺めフィッシュウォッチングを楽しみましょう。砂地なら「ウミテング」、根なら「クマノミ」の写真を撮るなどの楽しみ方がお薦めです。
ポイント名 レベル 水深 ボート
男岩 中級 〜40M
ケラマでは最も有名なポイントの一つです。ダイナミックな地形を楽しみながら、魚影も濃くフィッシュウオッチングも楽しめる贅沢なポイントです。エントリー直後の棚からカスミチョウチョウの大群、キンギョハナダイの大群が壁を覆い尽くします。たまに「マンタ」に出会うなどハプニングがあるのも男岩の魅力の一つだと思います。イソマグロ、ツムブリなどの回遊魚群れに遭遇する確立も大です。
ポイント名 レベル 水深 ボート
ドラゴンレディー 初級 〜30M
穏やかな白い砂地の癒し系ポイントです。米軍の「ドラゴンレディ」という飛行機の残骸が沈んでいるのがポイント名の由来です。ひたすら砂地を移動するのも気持ちいいです。根に行けばクリーナーシュリンプが待機していて、手を出せば爪の間などを掃除してくれます。晴れていれば水面からの光のシャワーがとてもキレイで思わずうっとりです。
ポイント名 レベル 水深 ボート
野崎 初級 〜30M
小魚と回遊魚両方楽しめるこのポイントはサンゴの種類が非常に多く、特にユビエダハマサンゴの群生は見事で周りには、「キホシスズメダイ」、「アマミスズメダイ」、「ハナゴイ」が元気に群れを作っています。透明度は常時良く魚影が濃いポイントなのでフィッシュウォッチング派にお薦めします。春先には、産卵前の大きなコブシメがいっぱい見られます。
ポイント名 レベル 水深 ボート
自津留 中級 〜30M
儀志布島西側にある小さな離れ根。根の上には、サンゴが群生しており、「キンギョハナダイ」のハーレムがあり、深い斜面に向かって行くと大きな「イソバナ」や「ウミウチワ」が生息しています。「クダゴンベ」などマクロから「マダラトビエイ」や「イソマグロ」など大物にも遭遇できることも・・・。ドリフトダイビングが中心で潜るポイントです。
ポイント名 レベル 水深 ボート
神城 初級 〜25M
渡嘉敷島東側を代表とするポイントの一つであり、エントリーは、穏やかな入り江から、沖に向かってなだらかな斜面にある水深15メートルの根には、空洞があり日差しが降りそしぐ日は幻想的な景色が見られます。「ウコンハネガイ」や多くのウミウシ・エビ・カニが生息しています。浅瀬に向かっていくとケープやアーチがあり、「カノコイセエビ」や「ゴシキエビ」など大物が隠れています。
ポイント名 レベル 水深 ボート
知志 初級 〜18M
座間味島北側のポイント。穏やかな入り江には、クレパスや洞窟が多く地形派ダイバーの好むポイントです。洞窟内部には、「イセエビ」・「セミエビ」・「リュウキュウハタンポ」等が多く見られます。時折「ネムリブカ」も見られます。水深が浅いため光がより明るく入り、光のカーテンのように幻想的です。沖のオーバーハングには、「アオウミガメ」がよく出没します。一度に両方楽しむ事も出来ます。
ポイント名 レベル 水深 ボート
ウチャカシ 中級 〜30M
座間味島北側のポイント。浅い根の上から珊瑚に飾られた根を通って沖に抜けて行きます。水深25メートルから成り立つ露出岩の周りには、「イソバナ」が群生しており、無数の「キンギョハナダイ」や「ハナゴイ」が乱舞してます。とっても潮通しの良さが伺えます。時折、「イソマグロ」や「バラクーダ」などの大型回遊魚に遭遇する事もあります。。変化にとんだ地形を楽しむ事が出来ます。
ポイント名 レベル 水深 ボート
安室牛瀬 初級 〜18M
安室島東側の沖に2つの露出岩があります。岩の間には、アーチやケープがあり地形派ダイバーには、お薦めです。「テーブルサンゴ」が非常に多く見られ、ガレ場には、「フリソデエビ」や「キンチャクガ二」など地べたを這いずり回って探したくなるポイントです。浅場のため光がダイレクトに降り注ぎ、とってもカラフルな景色が楽しめます。フォト派ダイバーには、お薦めです。
ポイント名 レベル 水深 ボート
6番崎 初級 〜25M
座間味島北東側の灯台下のポイント。浅い入り江からエントリーしてオーバーハングの壁沿いを流します。クレバスを通り抜けて行くと「イソバナ」の群生地になっています。深度が深めになるので長居は出来ませんが、いつまでも眺めたくなる景色です。細いアーチを抜けて行くと、光のシャワーが浴びれます。流れのある時は、「イソマグロ」も回遊して来ます。
ポイント名 レベル 水深 ボート
7番崎 初級 〜25M
座間味島東側に位置する。辺り一面見事な程のサンゴが群生しており、「キホシスズメダイ」、「デバスズメダイ」、「アマミスズメダイ」が群れをなしており、サンゴの群生地はカメの絶好の隠れ家です。甲羅の形と珊瑚が、非常にそっくりです。よく探して見ると至る所に隠れてますよ。多い時は、一ダイブ十匹以上、大小さまざまなカメに出会えます。ビギナーさんには、最高にお薦めです。
ポイント名 レベル 水深 ボート
運瀬 上級 〜35M
慶良間を代表するポイントの一つ。渡嘉敷島南東に位置する露出岩。潮が流れていることが多くエントリー・エキジットが非常に難しいポイント。地形は、ダイナミックであり、吐いた泡が横に流れていくほどである。回遊魚狙いで、岩陰に隠れて根待ちをする。グルクンの群れを追う「イソマグロ」・「ギンガメアジ」・「ロウニンアジ」大物好きには堪らないポイントです。大潮の時に狙いたいです。
ポイント名 レベル 水深 ボート
下曽根 上級 〜50M
慶良間を代表とするポイントの一つ。久場島からさらに南の外洋にある隠れ根。根のトップは7m程、水底は50mまで落ちている。まるで高層ビルのような根です。根の周りには、「スミレナガハナダイ」・「カシワハナダイ」が、群生している。流れている事が多く大物回遊魚狙いで潜る事が多い。時には、「マンタ」や「ジンベエ」が現れることも・・・潜れる確率も非常に低いがぜひ1度潜りたいポイントです。
ポイント名 レベル 水深 ボート
アラリ 初級 〜20M
渡嘉敷島東側のポイント。浅いゴロタを抜けると沖は、真っ白な砂地が広がる癒し系です。降り指す太陽の日差しに反射する白い砂。のんびり、まったりするにはお薦めです。フィンを脱いで素足になってみたり、お昼寝したり、遊び方はいろいろです。穏やかな入り江に面しているのでバディダイビングの練習に適しています
ポイント名 レベル 水深 ボート
ムチズニ 初級 〜35M
渡嘉敷島南東のポイント。名前の由来は、昔、「ノコギリダイ」(ムチズニ)がたくさん捕れた事からだそうです。壁沿いにクレバスがいくつも入っておりサンゴの群生がきれいです。クレバスに沿って沖に出て行くとドロップオフになっていて、水深40メートルまで落ちこんでいます。浅場の小さなトンネルには、「イシガキダイ」や「イセエビ」が潜んでいます。
ポイント名 レベル 水深 ボート
アハレン灯台下 初級 〜18M
渡嘉敷島最南端の阿波連崎灯台下に位置するポイントです。
大きな平らな根の下には、何本ものクレバスが入り乱れており、長いもので20メートルぐらいはあります。途中には、「アオギハゼ」や「アカマツカサ」が群れています。水中ライトがあれば「イセエビ」も探せます。大物を狙うポイントではないですが、2008年10月に「マンタ」に遭遇!!
ポイント名 レベル 水深 ボート
トムモーヤ礁 最上級 〜50M
慶良間諸島でもっともガイドの難しいポイント。渡嘉敷島最南端からさらに南西へ30分程走らせた外洋の隠れ根。3つのポイント(北・南・山脈)に分かれており、潮の流れは複雑です。狙いはもちろん大物!!群れを求めて颯爽と飛んで行きましょう。外洋ダイビング経験者には最高に楽しめます。こんな慶良間はいかがでしょう。
ポイント名 レベル 水深 ボート
麻茶舞礁 上級 〜30M
渡嘉敷島と男岩の間の隠れ根。。トップは水深10メートル程ですが、時には根にたどり着くまでが大変な時もあり上級者向けのポイント。根の周りには大きな「ウミウチワ」や「イソバナ」がみられ潮あたりの良さが伺えます。大物狙いのポイントですが、「ハナヒゲウツボ」やウミシダに宿ったエビ・カニなどマクロ生物も楽しめるポイントです。
ポイント名 レベル 水深 ボート
ウチザン礁 中級 〜18M
黒島から南に15分前島との間にある露出岩のポイント。潮目が複雑なためガイドも手こずるポイント。しかし流れを読み取れればこれだけ面白いポイントはなかなか見られません。目玉は、大きなイソバナが左右から迫る「イソバナロード」は、見応え抜群。「ロウニンアジ」「ネムリブカ」などの大型魚や「マンタ」の目撃例も多い。
ポイント名 レベル 水深 ボート
安室漁礁 初級 〜18M
安室島南側のポイント。港から近くの部位の下に人工的な漁礁が作られています。周囲のガレ場には、生きているエダサンゴも張り巡らされているので着底注意が必要です。何十種類もの魚達の隠れ家になっているのでフィッシュウォッチングには、最適である。ダイバーに慣れているため近い距離で観察できるが、餌付けされているためであるのが、残念です。
ポイント名 レベル 水深 ボート
タートルベイ 初級 〜18M
阿嘉島南部のポイント。サンゴの密集した浅い入り江のポイント。元気なサンゴに囲まれて力強く泳ぐアオウミガメやタイマイが多く生息しています。
沖に広がる砂地には、「ハダカハオコゼ」や「アザハタ」の生息する根もあり、広範囲に楽しめます。お薦めは、ドリフトダイビングです。流れはほとんどありませんがじっくり遊んでも良し、いろんな生物を観察するのもいいですね。
ポイント名 レベル 水深 ボート
シークレットケーブ 初級 〜18M
阿嘉島西側のポイント。洞窟の入口は、一見分かりづらい所にあります。穴の中は狭く1列に並ぶと10人程入る事が出来ます。「アカマツカサ」や「リュウキュウハタンポ」が群れており、「カノコイセエビ」なども見られます。日差しが真上から射す二本目以降にエントリーしたいポイントです。他のポイントが海況不安定な時に向かう事が多いです。
ポイント名 レベル 水深 ボート
久場島北 初級 〜18M
久場島北側のポイント。エントリーする浅瀬の根には、「キンギョハナダイ」や「ケラマハナダイ」が多く、沖のサンゴの根には、「タカサゴ」、「カスミチョウチョウウオ」、「ハナゴイ」が群集しています。サンゴも「エダサンゴ」、「ハマサンゴ」、「リュウキュウキッカサンゴ」、「ミドリイシ」と種類が多く、景色の入れ替わりを楽しむならドリフトダイビングがお薦めです。
ポイント名 レベル 水深 ボート
久場西洞窟 初級 〜18M
久場島西側の入り江のポイント。浅場の広場はガレ場になっていて岸側に行くと、ケープがあり、中に入って行くと太陽から降り注ぐ幻想的な光が楽しめます。壁のくぼみには、「サザナミヤッコ」や「アオギハゼ」が見られます。ケープの周りは、見渡す限り「リュウキュウキッカサンゴ」が広がっていてマクロ生物たちの絶好の隠れ家のため、フィッシュウォチングも楽しめます。
ポイント名 レベル 水深 ボート
久場島キャニオン 中級 〜18M
久場島西側のポイント。入り江の中に隠れ根があります。エントリーする水深十メートル地点の棚の上はサンゴの群生地になってます。メインスポットの隠れ根は、沖合にあり、水底は40メートルに達します。「アケボノハゼ」、「ニチリンダテハゼ」などが見られます。小物探しに夢中になってると…大物を見逃してしまうので、何度も楽しめるポイントです。
ポイント名 レベル 水深 ボート
渡名喜島島尻崎ホール 初級 〜25M
通称「ブルーホール」と呼ばれています。渡名喜島を代表するポイント。ホールの入口は8メートルほどですが、奥に続く通路は非常に狭くて暗いのでライトは必須です。所々に大型の「イセエビ」が潜んでいます。通路を抜けるとそこには、降り注ぐ光りのカーテンと幻想的なブルーが待っています。カメラを構えるのも忘れてしまうぐらい眺めてしまいます。
ポイント名 レベル 水深 ボート
渡名喜島ウンヌシ 初級 〜30M
渡名喜島東側に浮かぶ小さな露出岩のポイント。通称「メガネ岩」とも呼ばれています。エントリーすると真っ白な砂地が広がっており、砂紋の形成が美しいです。沖に出ると緩やかなドロップオフになっており、「グルクン」を追いかける「ツムブリ」、「ツムブリ」を狙う「イソマグロ」の光景は迫力満点です。時には、「キハダマグロ」に遭遇することも…。ドリフトで潜る事が多い。
ポイント名 レベル 水深 ボート
渡名喜島グルクの崎 上級 〜50M
渡名喜島を代表するポイントの一つ。島の最南端に突出した半島であるため常に潮の動きに注意が必要です。ドロップオフ沿いをドリフトして行くと、無数の「キンギョハナダイ」「スミレナガナダイ」「カスミチョウチョウウオ」が生息しています。先端で根待ちをしていると、二メートル級の「ナポレオン」のペアに出会えます。ただ、非常に憶病なので接近するのに一苦労です。
ポイント名 レベル 水深 ボート
渡名喜島アンジェーラ口 初級 〜30M
渡名喜島東側のポイント。浅場の入江は、サンゴの群生地になっており、カラフルな魚影が楽しめます。沖の棚沿いをドリフトする事も多く、「ツバメウオ」の大群には、圧倒されます。また、「アオウミガメ」、「アカウミガメ」、「タイマイ」と豊富な種類のカメが生息しており、一ダイブで二十匹以上のカメが見られることも・・・。初級者から上級者まで楽しむことが出来ます。
ポイント名 レベル 水深 ボート
粟国島筆ん崎 上級 〜30M
慶良間諸島からさらに40分北上した粟国島を代表するポイント。四つの隠れ根の周りには、複雑な潮が入り乱れているため、大物回遊魚が集まってきます。特に「ギンガメアジ」のトルネードには圧巻されます。「イソマグロ」、「キハダマグロ」、「ナポレオン」も多く、慶良間では珍しい「カンムリブダイ」など大型魚に出会えます。春先(四月〜六月)に訪れたいポイントです。
ポイント名 レベル 水深 ボート
粟国島さくら 初級 〜40M
粟国島の南側のポイント。島影に面していて比較的穏やかな時が多いため、遠征ツアー時のランチポイントとしてよく使われます。浅場のクレバスは、天気のいい日は絶好の癒し系ポイントです。「イソバナ」、「ウミウチワ」などのサンゴの群生地でもあり、深場は、断崖絶壁のドロップオフになっているため、回遊魚に遭遇する確率も多いです。
ポイント名 レベル 水深 ボート
チービシ(ナガンヌ島) 初級 〜20M
本島とケラマ諸島の間にあり、ボートで20分ほどで着く、「チービシ諸島」は、3つの島から型成されています。島の周囲はサンゴの根が張り巡らされています。浅場は、「ウミウシ」や「カエルウオ」などのマクロが豊富です。オーバーハングの地形には、「ハナダイ」が多く群生しています。カメが生息している根では「アカウミガメ」に遭遇する確率が非常に高いです。
ポイント名 レベル 水深 ボート
チービシ(神山島) 初級 〜18M
「チービシ諸島」のひとつ。島の周囲は、迷路のような地形で抜け穴、アーチがたくさんあり、「ラビリンス」と呼ばれています。カメ・サメの寝所があちらこちらにあります。比較的穏やかなポイントが多いので初心者にお薦めです。中・上級者には、コンパスダイビングを試して見てください。また、真っ白な砂地もあり癒し系ダイビングも可能。午前・午後便があり着後ダイブも出来ます。


沖縄のダイビングは【Relax Dive シープレイス】 TOP